無料相談・無料点検お申し込み

よくある質問

Q1. シロアリは冬眠するのですか?また冬場は活動しませんか?

寒くなれば活動量も落ちますが、シロアリは冬眠しません。また、最近の住宅は気密性が高く、また暖房も利用しているため、一年中生息しています。

Q2.シロアリ駆除はいつ行うのが良いですか?

駆除に適した時期というのはありません。シロアリを発見したら、直ちに点検・駆除することをお奨めいたします。

Q3. 我が家ではシロアリを見かけたことがないので大丈夫でしょうか?

通常シロアリは地中や材木中にいるため、羽アリとなって飛び立つ時期以外(新潟では4月下旬から5月下旬頃)人の目に触れることはほとんどありません。被害が出て初めて、シロアリの存在に気づく場合も少なくありません。

知らない間に被害が進んでいることもありますので、お気づきの点等ございましたら早めにご相談ください。

Q4.羽アリしかいないようなので大丈夫でしょうか?

羽アリにはシロアリの羽アリとクロアリの羽アリがいます。(見分け方はこちら

シロアリは、春、新しい巣を作るために羽アリとなって飛び立ちますので、シロアリの羽アリを見かけた場合は、近くにシロアリの巣がある証拠です。

早めの点検をお奨めいたします。

Q5. (シロアリの)羽アリをスプレーで駆除しましたがこれで安心でしょうか?

ヤマトシロアリの一生 羽アリとなって巣を飛び立つシロアリは、全体の約1%でしかありません。羽アリを見かけたら、巣の中にはその100倍のシロアリがいると考えてください。

さらに女王アリは、毎日約1,000個の卵を産み続けますので、その数はさらに増え続けます。

いずれにしても、羽アリを見かけましたら、早めにご相談ください。

Q6. 薬剤散布は被害の出ているところだけで大丈夫ですか?

被害の出ているところだけでは不十分です。なぜならば、巣自体がそこにあるわけではないので、当該箇所のシロアリは死滅しても、巣からは新しいシロアリがどんどん出てきて、薬剤処理のしていない箇所を蝕んでいきます。

仮に被害箇所が巣をかねていて全滅することが出来ても、よそから来たシロアリが薬剤処理をしていない木材に巣をつくり新たな害を及ぼす危険性もあります。

富士テックの無料相談・無料点検をご利用ください